東京イセアクリニック レディース脱毛 (ISEA CLINIC)

施術当日のスポーツ、お風呂、飲酒はNG


イセアクリニック医療レーザー脱毛は、お肌にやさしく安全な脱毛が出来ることで人気です。
ですが、その安全性も脱毛を受けた方がお肌によくない行動を起こしてしまうことですべてダメになってしまいます。

今回はその中でも「汗」についてまとめてみたいと思います。

1.脱毛した後の状態

医療レーザー脱毛は脱毛マシンから小syされる光を毛根部分の黒い色に集めて熱を発生させることで毛が再生してこないようにする脱毛方法です。

そのため毛穴は熱によって軽いやけどのような状態になるため、大きさが広がり、毛穴の奥まで露出してしまっている状態になっています。
つまり脱毛当日お肌は毛穴が広がり、非常にデリケートな状態になっていると考えてください。

その広がってしまっている毛穴に雑菌などが入ると思わぬ肌トラブルを招きます

そのため雑菌を運びやすい汗には十分注意が必要なのです。


2.脱毛当日のスポーツは厳禁

汗といえば一番最初に思い当たるのがスポーツです。

実は汗自体に問題はありません

ただし、汗の油分には空気中の細菌類を呼び集める性質があるため、汗は多くの細菌を運ぶ役目を果たしてしまうのです。
その細菌を含んだ汗ががデリケートになっている毛穴から侵入してしまう可能性があるのです。

そうなってしまうと思わぬトラブルに発展することが考えられます。

最悪、炎症を通り越して化膿することもあるので、注意が必要です。

 

3.飲酒も危険

飲酒と脱毛の関係には疑問がある方もいらっしゃるかもしれませんが、実はお酒の中のアルコールに発汗作用があるのです。
アルコールというのは血液の流れを促進する作用があり、血液の流れが速くなると、スポーツをするのと同様、新陳代謝を加速させて発汗作用を促します

そのため、脱毛当日の飲酒は絶対に避けましょう

 

4.風邪薬などの薬を服用も注意が必要

風邪薬や頭痛薬などが代表出来なものになってしまうのですが、風邪薬や頭痛薬には発汗を促して熱を下げる成分が入っています

そのため汗をかきやすい状態になってしまいます。
さらに体力が落ちている可能性が高いために免疫力も低下しているので、症状がひどくなることもあり得ます。

 

5.お風呂も注意

湯船に入ることはNGであることは当然わかると思いますが、シャワーの温度にも注意しましょう。
熱いシャワーも発汗の原因になるので脱毛当日にはできるだけぬるめの温度でシャワーを浴びるようにしましょう。


東京イセアクリニック レディース脱毛 (ISEA CLINIC)の無料カウンセリングはこちらから 東京イセアクリニック レディース脱毛 (ISEA CLINIC)の公式サイトへ 東京イセアクリニック レディース脱毛 (ISEA CLINIC)の口コミ・おすすめ情報